デジタル粉じん計 LD-3K2

メーカー柴田科学

室内、工事現場内などにおける浮遊粉じん量を測定。

測定原理 光散乱方式
測定範囲 0.001~10.00mg/m³
使用温湿度 0~40℃、5~90%RH(結露がないこと)
寸法 105(H)×185(W)×69(D)mm
重量 約1.2kg
電源 単3形乾電池×8本
電池寿命 アルカリ乾電池:約24時間
付属品 本体、プローブ、延長棒、取説

この商品について問い合わせる 取扱説明書ダウンロード

関連商品

  1. 自記電設計数器 OT501R

    雨量センサーから出力された信号を受けて記録する機器です

  2. おんどとり TR-75WB

    熱電対センサーで広範囲の温度を測定

  3. 雨量計ロガー OT-501RD

    気象庁規格の雨量センサーに対応した簡易的なデータロガー

  4. 熱線式ハイブリッド風速計 DP-70D

    ハンディータイプで風速の変化をアナログ表示で確認し、瞬時測定値はホールド機能付きデジタル表示で捉える贅沢なデジアナ併用表示方式の風速計

  5. 通信機能付環境放射線モニタ PA-1100

    通信機能を搭載し、データの自動記録が可能。

  6. デジタル粉じん計 LD-5R

    測定結果を多様な様式で表示できる光散乱方式の相対濃度計です。

ページ上部へ戻る