コンクリート充填検知システム CIFD-3

メーカー曙ブレーキ工業

コンクリート充填検知システム。

検知方式 振動デバイスによる周波数特性検出方式
識別能力 空気、不完全な状態(水)、コンクリート、各種グラウト
測定チャンネル 16ch
計測時間 1chあたり約0.5秒で計測
記録イベント数 約200イベント
使用温湿度 0℃~40℃ 5~85%(結露なきこと)
電源 AC90V~110V
寸法/重量 表示装置:300×220×85mm / 約2.8kg
ターミナルボックス240×120×60mm / 約1kg
付属品 本体、ターミナルボックス接続ケーブル、電源ケーブル、パソコン接続ケーブル、USB変換ケーブル、液晶画面保護板
データ転送ソフト、ターミナルボックス、取扱説明書
消耗品 振動デバイス(ケーブル長20m/5m)、延長ケーブル200m

この商品について問い合わせる 取扱説明書ダウンロード

関連商品

  1. シュミットコンクリートテストハンマー N型

    非破壊でコンクリート強度を推定。

  2. シュミットコンクリートテストハンマー NSR型

    非破壊でコンクリート強度を推定

  3. シュミットロックテスト ハンマー KS型

    岩盤の非常係数を、迅速かつ簡単に推定できます。

  4. コンクリート・モルタル水分計 HI-520-Ⅱ

    本体とセンサ部を一体化したハンディタイプの高周波式水分計。

  5. コンクリート養生温度計ハンディロガー MR204C-1

    測定値の4チャンネル同時表示可能。

  6. セントル打設管理システム (5ch)

    トンネル覆工コンクリートの品質向上。

ページ上部へ戻る