試験コスト縮減・合理的な施工管理が可能「簡易支持力測定器 キャスポル」

簡易支持力測定器 キャスポル

JISA1210規格に相当するランマーに特殊な加速度計を組み込んだもので、締固められた路床・路盤に45cmの落下高さから4.5kgの重錘を自由落下させ、その衝撃加速度「インパクト値」の大小をデジタル表示器に即座に表示します。強い地盤の場合はインパクト値が大きく表示され、逆に弱い地盤は小さく表示されます。

簡易支持力測定器 キャスポルの詳細はこちら