レーザーバリア警報監視システムの内容を更新しました。

レーザーバリア警報監視システム

レーザー距離スキャニングセンサーでレーザー光を面状にスキャニングすることでバリアを作り、バリアに侵入する物体を検知して警報等を行うシステムです。

主に「クレーン作業時の接触」「衝突防止」「上空エリア監視」「セキュリティー進入禁止監視」といった用途で使用されます。

レーザーバリア警報監視システムの詳細ページはこちら