雨量記録監視装置 アメンボ RF-3 + 転倒マス付

雨量記録を行うデータロガー 「アメンボRF-3」

転倒ます型雨量計 アメンボRF-3

転倒ます型の雨量計に接続して雨量記録を行うデータロガーです。一時間、一日、降り始めからの3種類の雨量を交互に表示しながら記録を行うので、現在の雨量をリアルタイムに知ることができます。

  • 0.5mm / 1.0mmの店頭ます型雨量計に対応しています。雨量計の設定は、本体横の切替スイッチにより行います。
  • RF-3では、記録する雨量は10分毎に積算し記録します。記録データはオプションのソフトウェア(RF-00S1)によって、最短10分ごとの微妙な雨量の変化から、最長1ヶ月ごとの大きな流れまでを、自在にグラフや表に表示可能。
  • 記録できるデータ数は57,600個です。10分ごとに記録するので最長400日分のデータを蓄えられます。最長60分間隔で、約1年間の連続記録ができます。

仕様

測定雨量1チャンネル
液晶表示1h/ 1D / 降始めを切替、警報、電池警告、ブザー
電源単4アルカリ電池(LR03)×2本
通信シリアル通信(RS-232C)
データ記録容量57,600データ(400日分)

安値で長期間安定した観測・計測が可能 「転倒ます型雨量計 OW-34-BP」

転倒ます型雨量計 アメンボRF-3

本器は、受水口が200ミリの胴体を従来の円筒型から砂時計型のカバーに変更し、内器を収納した転倒ます型の雨量計です。受感部は降水量0.5ミリ(標準)の水の重さで倒れる三角型のますで、この転倒ますに取り付けられた磁石が転倒する毎にリードスイッチを瞬間的に閉じることにより、降雨量をパルス状の接点信号に変換して雨量の観測を行います。

  • 長期間伝送が可能。
  • 砂時計型NEWデザインのポリカーボネイト製カバーを装着し、風の影響を軽減、雨量の捕捉率が向上。
  • 高温多湿・火山地帯・海岸沿い・各種プラント等にも設置でき、腐食等による問題が起きにくい設計。

仕様

型式OW-34-BP
受水口径口径:200mm±0.6
感度一転倒=0.5mm 標準タイプ
0.1mm 微量計タイプ
出力信号リードスイッチによるメーク接点出力
接点容量25W(DC30V,1A MAX)
接点作動時間0.1~0.2秒転倒ます左右の作動時間差: 0.05秒以内
測定範囲0.5mm用最大降雨強度: 150mm/h以下
0.1mm用最大降雨強度: 50mm/h以下
測定精度20mm 以下:±0.5mm, 20mm超過:±3%以内
使用温度範囲0~50℃(凍結しないこと)
寸法h450×φ216 mm
質量約2.2kg
胴体仕様PC樹脂マンセル値5Y6/1近似
付属ケーブル①単体用標準(自記電接計数器等): 0.5mm²×2C VCTF 10m
②データロガ等: 0.75mm²×2C MVVS 20m

標準付属品

転倒ます型雨量計OW-34-BP | アメンボRF-3の標準付属品