挿入型傾斜計 KB-10HC

地盤や構造物の変位を測定

地盤や構造物の変位を測定する傾斜計です。あらかじめ、専用ガイド管を地盤や構造物に鉛直に設置し、傾斜計を挿入して管内の傾斜角を測定し、変位量を求めます。地山の地滑りの変位測定や土留め壁の変位測定などに使用されます。また、KB-HC型は、X方向とY方向が同時に測定できます。

  • 耐食性に優れたオールステンレス鋼製
  • 現場での耐環境性に優れる
  • 高信頼性
  • KB-HC型はX方向とY方向が同時に測定可能

仕様

測定軸数2方向
容量±10°
定格出力約1mV/V(2000×10-6ひずみ)
非直線性0.5%RO
相互干渉3%RO
許容温度範囲-20~+60℃
入出力抵抗約360Ω
推奨印加電圧2V以下
許容印加電圧5V
付属ケーブルCT9-8UM50/SWP-SNP×2
(φ9mm 0.3mm2 8心検尺付ケーブル50m 先端特殊NDISプラグ)
本体質量2.5kg
ケーブル質量5.5kg