生コン単位水量計 W-Checker

合否判定値を超えた水量の改善策を単位容積質量と空気量の変動で考察できる

生コン単位水量計 W-Checker

  • 測定時間5分以内、試験量は約15kg(7ℓ)測定精度±5kg/㎥以内
  • 検量線や換算式、補正式の修正が不要
  • すり切り作業がない注水方式(高精度デジタルエアメーターを使用)
  • 管理値を超えた場合の再試験が10分で可能
  • スクリーニング作業がない(コンクリートのまま加工せず検査ができる)
  • 高強度、高流動コンクリートでも通常の検査ができる
  • 測定器のキャリブレーション(重さと空気量)が自己診断できる
  • 骨材サイズ40㎜以内は標準試験が可能
  • セメントは湿潤密度で容積を修正する
  • 空気量は骨材修正係数を考慮する

仕様

型式W-Checker
NETIS登録№KK-050023-A

標準仕様

測定方式質量と空気量を測定し単位容積質量を計算して単位水量を推定する
測定対象フレッシュコンクリート
測定容量フレッシュコンクリート約7,000cc 質量換算値約15,000g
測定環境温度0℃~40℃(ただし結露がないこと)

質量計量ユニット

質量計測ブルートゥース通信方式
特殊ロ-ドセルmax30,000g amp A/D変換内蔵型
電源単3型電池4本
最大質量30,000g 表示
最小質量1g 表示

空気量計測ユニット

圧力計測ブルートゥース通信方式
温度計測圧力室内温度センサー内蔵(容器設定時表示)
容積約7,000cc
容器材質軽合金製
最大圧力200kPa
表示分解能0.1kPa
測定範囲0.00から10.00%
電源単3型電池4本

操作演算ユニット(ノートパソコン)

操作媒体ノートパソコン
無線通信ブルートゥース通信
印刷媒体ダイレクトサーマル方式(ブラザーMW-100e)
電源ノートパソコン標準バッテリパック AC100V50/60Hz
サーマルプリンタ標準バッテリパック AC100V50/60Hz

使用機器

生コン単位水量計 W-Checker

① W-Checker本体1. エアメーター(デジタル式)
2. 秤
② 演算装置3. パソコン
4. アンテナボックス
5. 通信ユニット(ブルートゥース)
③ 付属品6. ハンドスコップ
7. 突き棒
8. ハンマー
9. 排水管
10. シール棒
11. スポイド
12.500cc給水ポット
13.3,000cc給水タンク
14. 生コン充填用ハット
15. 空気入れ
16. 空気校正用注射器