コンクリート充填検知システム CIFD-4

コンクリート締固め検知機能を付加した充填検知システム

コンクリート充填検知システム CIFD-4

コンクリート打ち込み時は、一般的に高周波コンクリート棒形振動機による締固め作業が行われることから、充填確認とともに振動加速度を測定して締固め程度の判定が出来ます。

  • 従来の振動デバイスでコンクリートの充填と締固めの程度の両方を検知。
  • 検知したい締固めの程度はお客様にて設定可能。(設定された振動加速度閾値を設定された時間だけ超えた場合、画面上に表示)
  • 校正用のセンサーや校正コンクリートが必要なく、一つの振動デバイスで空気、不完全な状態(水)、コンクリートの識別が可能。
  • 振動デバイスは小型、薄型であるので狭い隙間の充填検知が可能。
  • 充填状況はリアルタイムで液晶画面の色の違いでわかりやすく表示し、打ち上がり時間などの記録も可能。
  • 振動デバイスのケーブルは延長(約50m)可能なため高所や離れた場所でも検知可能。

仕様

検知方式振動デバイスによる周波数特性検出方式
識別能力空気、水、コンクリート(モルタル、各種グラウト)
締固め振動検知範囲9.8m/S2~98.1m/S2
※参考値 振動デバイスへのコンクリートの接触状況により変化します。
測定点数16ch
表示方法LCDモニターによるカラー表示
測定時間1ch当たり約0.5~2.2秒で計測(測定点数による)
記録点数400点
使用温湿度範囲0~40℃ 5~85%RH(結露しない事)
大きさ・重さ本 体 :約280(W)×200(D)×110(H) mm 約2.8Kg *突起部を除く
ターミナルボックス:約240(W)×140(D)×60(H)mm 約1Kg *突起部を除く
振動デバイス 17mm角 厚さ5mm
電源AC100V(ACアダプターによる)
付属品ターミナルボックス接続ケーブル、電源ケーブル、パソコン接続ケーブル、USB変換ケーブル、データ転送ソフト、取扱説明書
【販売消耗品】振動デバイス(ケーブル長20m/5mご指定下さい)
延長ケーブル200m
ご用意いただくパソコン対応OS
Win XP SP3(32ビット日本語版)、 Vista SP1及びSP2(32ビット日本語版)
Microsoft Excel2003以降がインストールされていること
(メーカー動作保証はしておりませんが、Win XP SP2でExcel2000、WIN 7 SP1で Excel2010の動作確認はできています)