コンクリート充填検知システム CIFD-3

コンクリート充填検知システム

コンクリート充填検知システム CIFD-3

検知装置はマイコン処理により、振動デバイスに接触したものが、空気なら赤、不完全な状態なら黄色、コンクリートなら緑色を液晶画面に表示します。

  • 校正用のセンサーや校正コンクリートが必要なく、ひとつの振動デバイスで空気、不完全な状態(水)、コンクリートの識別が可能
  • 振動デバイスは小型、薄型であるため狭い隙間の充填検知が可能
  • 充填状況はリアルタイムで液晶画面の色の違いでわかりやすく表示し、打ち上がり時間などの記録も可能
  • 振動デバイスのケーブルは延長(約50m)可能なため高所や離れた場所でも検知可能

仕様

検知方式振動デバイスによる周波数特性検出方式
識別能力空気、不完全な状態(水)、コンクリート、(各種グラウト ※お問い合わせください)
測定チャンネル16ch
表示LCDモニタによるカラー表示
計測時間1chあたり約0.5秒で計測
センサーケーブル長さ標準5m、20m(専用延長ケーブルで50mまで可)
センサー耐圧(破壊しない)0.3MPa(水圧)
日付機能内蔵時計による 年/月/日/時/分/秒
記録イベント数約200イベント
出力データ形式テキスト形式
電源AC90V~110V 【内部データはバックアップ電池内蔵】
PCとの接続シリアルポート D-sub (9ピン)
使用温湿度範囲0℃~40℃ 5~85%(結露なきこと)

標準付属品

コンクリート充填検知システム CIFD-3