普通騒音計NL-22

シンプルな操作で、幅広い騒音測定に対応。

普通騒音計 NL-22

普通騒音計NL-22は、シリアルインターフェースが内蔵されています。このインターフェースを使用することにより、コンピューターからのコマンドによってNL-22の測定条件の設定や測定の制御を行ったり、現在のデータ及び内蔵のメモリーに保存されているデータをコンピューターに転送することができます。

【コンパクトフラッシュカード対応】大容量メモリーカードへダイレクトに記録できます。標準で16MBのカードが添付され、この容量でLeq等、演算値データ約100,000組、または100ミリ秒毎の騒音レベル約1,000,000個(1.3日分)の連続データが保存可能です。(測定に応じて最適な容量のカードを装着可能)

【コンパレーター機能】オープンコレクター出力による、コンパレーター出力機能を搭載。30〜130dBの間で1dBステップでの設定が可能です。(最大印加電圧:DC24V・最大電流:DC60mA)


仕様

型式承認番号第S-63号
適合規格計量法普通騒音計
JIS C 1509-1(IEC 61672-1)クラス2
測定機能
(主演算)
選択された時間重み特性および周波数重み特性にて
全項目を同時に測定騒音レベルLp、等価騒音レベルLeq、単発騒音暴露レベルLE、
騒音レベルの最大値Lmax、騒音レベルの最小値Lmin、時間率騒音レベルLN(任意に選択された5値)
測定機能
(補助演算)
主演算との同時測定機能として次のいずれか一項目を
選択して測定ピーク音圧レベルLpeak、C特性ピーク音圧レベルLcpeak、
C特性等価音圧レベルLceq、区間内最大騒音レベルのパワー平均値LAtm5、
インパルス騒音レベルLAl、インパルス等価騒音レベルLAleq
*LAtm5、LAl、LAleqは主演算でA特性設定時のみ選択可能
*Lceqは主演算でA特性、FLAT特性が選択された時のみ
設定可能
測定時間10秒、1、5、10、15、30分、1、8、24時間および手動
(最長測定時間200時間)
測定レベル範囲A特性:28〜130dB、C特性:33〜130dB、
FLAT特性:38〜130dB、
C特性ピーク音圧レベル:55〜141dB、
FLAT特性ピーク音圧レベル:60〜141dB
自己雑音レベルA特性:22dB以下、C特性:27dB以下、FLAT特性:32dB以下
リニアリティレンジ100dB
レベルレンジ
切替器
20〜80dB、20〜90dB、20〜100dB、20〜110dB、30〜120dB、
40〜130dB(10dBステップ6段階)
測定周波数範囲20Hz〜8KHz
周波数重み特性A特性、C特性、およびFLAT特性
実効値検出回路デジタル演算方式
校 正内蔵発振器(1kHzの正弦波)による電気的校正
外部音響校正器による校正
直前データ
除去機能
一時停止ボタンにより直前5秒間のデータ除去可能
演 算デジタル方式
サンプリング
周期
20.8s(Leq、Lmax、Lmin、LE)、100ms (LN)
データストア機能マニュアルストアは内蔵メモリまたはメモリカードを選択、
オートストアはメモリカード装着時に有効
マニュアル
ストア
騒音レベル、演算値、ストア時刻、
演算開始時刻、内蔵メモリまたは
メモリカードへ記録(最大100データ組)
オートストア1100msec、200msecまたは1sec、
毎の騒音レベル、あるいはLAeq、
1secをメモリカードへ連続記録、タイマ機能あり
オートストア2設定した測定時間毎の主演算と補助演算の
測定値と演算開始時刻をメモリカードへ
連続記録、タイマ機能あり
出力端子交流/直流出力端子、
メニュー画面より交流または直流出力を選択
(交流出力実効値:1V(フルスケール)、
直流出力:2.5V(フルスケール)、25m V/dB)
I/O端子RS-232C、USB
コンパレーター
出力
設定レベル(30〜130dBで1dBステップ)を超えるとON
(オープンコレクタ出力)
電 源単3形電池4本、ACアダプタ
電池寿命バックライトOFF
(バックライト点灯時の電池寿命は約1/2)、
主演算時(補助演算OFF)、オプション非動作時
LR-6(アルカリ電池)約30時間
R6PU(マンガン電池)約11時間
使用温湿度範囲−10〜50℃、10%〜90%RH(結露のないこと)
大きさ・重さ約260(H)×76(W)×33(D)mm・約400g (電池含む)