ポータブルデータロガー TDS-150

ひずみ、直流電圧、熱電対・白金測温抵抗体による温度測定が可能

ポータブルデータロガー TDS-150

本器はデータロガー部(TDS-150)と専用チャンネルユニット(FSW-10)を組み合わせてひずみゲージ、ひずみゲージ式変換器、直流電圧、熱電対、白金側温抵抗体の測定ができるポータブルデータロガーです。10チャンネルユニット(FSW-10)は最大5台(50チャンネル)まで接続できます。また、スイッチボックスTML-NET駆動ボード(オプション)からスイッチボックスを接続することによって最大100チャンネルまで接続できます。AC電源のとれない場所でも、市販の単1アルカリ乾電池やバッテリで動作することができ、長期にわたり自動測定が可能なデータメモリ、スリープインターバルタイマ機能を搭載しています。また、コンパクトフラッシュカードへデータや設定を記録することができます。インターフェースはUSB、RS-232Cを搭載し、各種設定やデータの取り込みをパソコンから行うことができます。


仕様

型名TDS-150
測定点数100点(外部スイッチボックス、TML-NETモジュール、ワイヤレスモジュール接続時:オプション)
50点(FSW-10 5ユニット接続時)
測定対象ひずみ、直流電圧、熱電対、白金測温抵抗体
測定速度0.08/点
(外部スイッチボックス接続時は、0.1秒/点)
外形寸法TDS-150:280(W)×60(H)×162(D)mm(突起部を除く)
FSW-10:280(W)×60(H)×100(D)mm(突起部を除く)
質量TDS-150:約1kg
バッテリユニット:約0.6kg(単一型バッテリを含まない)
FSW-10:約1.5kg
電源単1アルカリ電池4個
専用ACアダプタ CR-1867 (オプション)