重機接触防止装置 パノラマ HL

高所作業車用上部衝突防止超音波センサー

重機接触防止装置 パノラマ HL

パノラマHL(エイチ・エル)は、高所作業車のバスケットが上昇する際に構造物との衝突を未然に防ぐ装置です。超音波センサーのエリア内に障害物が入ると、電子音にて運転者に注意を促します。

  • 上部構造物までの検知距離に近づくと、ブザー音で危険を知らせます。
  • 検知距離の設定を1m、1.5m、2mの3段階に切り替え可能です。
  • センサは、クリップで取り付け、角度調整も簡単です。
  • コントローラはマグネット付で、バスケット内側面への着脱が容易です。

仕様

検出方式超音波反射式
検知距離1m、1.5m、2m  (切替スイッチによる)
大きさ・重さコントローラ:約125(W)×50(H)×75(D)mm(取付治具・突起物を除く)約600g
センサ部 :約35(W)×60(H)×30(D)mm(ケーブル含まず)約400g(ケーブル含む)
※センサ部及び電源変換器は別途ケースに収納して使用します。
使用温度範囲-10℃~50℃(但しセンサ部は氷結しないこと)
電源AC100V
付属品コントローラ(コントロールケーブル5m、電源ケーブル2m、制御ケーブル0.2m)、センサ(5m)、電源接続用ケーブル(2m)、電源変換器、取扱説明書、格納ケース

標準付属品

重機接触防止装置 パノラマ HL